負担のない治療

食事療法を頑張れば治療費は減らせます

近年では、豊かな食生活によって糖尿病を患う人も増えました。 糖尿病は、過食や甘いものを摂り過ぎることによって発症します。 糖尿病の治療法は、薬を服用したりインスリン注射をすることで改善させることが一般的です。 ですが、糖尿病のお薬は、薬価が比較的高いものが多いのです。 保険が3割負担の人でも、1ヶ月にかかる薬代が10,000円ほどかかる人も珍しくありません。 ですから、薬代の負担を少しでも減らすために、自分でできる食事療法を行って下さい。 食事療法によって正しい食生活になれば、定期的に行っている糖尿病の検査での数値にも、良い結果が出てきます。 検査の結果が良くなれば薬の量も減らすことができますし、効きめの軽い薬に変更することもできます。 そうなれば治療費の負担も、ずいぶん楽になるのです。

糖尿病の改善で大きな健康が手に入ります

糖尿病は、薬を服用したりインスリンを使用する治療法だけで改善されるものではありません。 薬を服用しながら食事療法を行うことで、効果も発揮されます。 つまり、食事法を改善することによって、薬の効果を上げる役割があるのです。 食事法を工夫するだけで、満腹感を得ながら食べる量を節制することが可能なのです。 糖尿病の改善に良い食事法は、「いちばん最初に食物繊維を摂る」ことです。 食物繊維の多い野菜や海藻、きのこ類を先に食べることで、糖尿病に大敵な血糖値が上がりにくくなります。 逆に血糖値が上がりやすいご飯やパンなどの炭水化物は最後に摂るようにします。 このように食べる順番を変えることで、血糖値を急激に上げることを防ぐことができます。 また、水分の多い野菜などの多く含まれたサラダをいちばん最初に摂取することで、早い段階で満腹感を得ることができます。 そうすれば、ご飯やパンを食べ始める頃には空腹感もかなり満たされているので、摂取する炭水化物の量も減らすことができます。 食事療法によってダイエットの効果も期待できますので、ぜひ自分で行える治療法にチャレンジして下さい。治療以外にも、サプリメントや健康食品でも予防改善できるので気になる人は試してみるといいでしょう。

Menu