大切な食生活

まずは血糖を上手にコントロールしよう

糖尿病は血液に含まれる糖分(血糖)が多くなる病気です。その状態が続くと、血管に障害が出やすくなり、さらに放っておくと、いろいろな合併症が出てきます。合併症の症状は、網膜症による失明、腎不全、心筋梗塞や脳卒中など、大きな病気で生活の質を落としかねない大変なものです。 最初は自覚症状がないため、血液検査で初めて糖尿病と診断されることが多いのですが、普段から食生活が乱れがち、甘いものや糖質が大好きだという人は、定期的に検査をしたほうがいいかもしれません。今は簡単に血糖値の検査ができる薬局などもあります。費用もそんなにかからないのがメリットなので、気軽に利用してみるといいでしょう。血糖のコントロールは糖尿病患者にとってとても大事なことです。

食事と運動、薬物療法が中心

糖尿病の治療としては、食事療法、運動療法、薬物療法が主な治療法になります。症状が進行する前の段階で、適切な治療を行うことで、普段通りの生活を送ることができます。 自覚症状が最初はないのが糖尿病の特徴ですが、検査すればいいだけなので、健康診断などは必ず受けるようにしましょう。 糖尿病の患者は増えているため、糖尿病患者や、血糖値が高い人向けの食品やサプリメントも沢山開発されています。これらも上手に利用することが大事です。 運動は、食後に行うことがよいとされています。お昼の仕事に取りかかる前に、仲間と運動してみてはいかがでしょうか。運動は、仕事にもいい影響を及ぼすということが分かっています。最近は、食堂のメニューなどにも健康を意識したものが多くあります。健康食は糖尿病食ともいっていいくらい、おすすめしたいものなので積極的に利用しましょう。

Menu